代表プロフィール

群馬県桐生市出身
牡羊座、血液型O型
1人、子供2人と同居

大学卒業後、出版社勤務を経て
平成10年 成田事務所設立
平成14年 厚生労働大臣認定初級産業カウンセラー資格取得
平成17年度〜東京都社会保険労務士会 渋谷支部 幹事
平成17年度 社団法人日本テレワーク協会 「在宅勤務の推進のための実証実験モデル事業検討委員会」委員
平成19年度〜平成22年度東京都社会保険労務士会 広報委員
平成20年度〜東京紛争調整委員会あっせん委員
平成21年度〜平成22年度東京都社会保険労務士会 社労士110番相談員
平成23年度〜平成24年度東京都社会保険労務士会 特定社労士業務推進委員会 副委員長
平成25年度〜東京都社会保険労務士会 代議委員
平成25年度〜東京都社会保険労務士会 山手統括支部 広報委員長
平成25年度〜東京都社会保険労務士会 渋谷支部広報担当副支部長
平成27年度〜平成28年度東京都社会保険労務士会 社会貢献委員会 委員長
平成29年度〜東京都社会保険労務士会 理事

 
主な実績
サービス業、旅行業、IT関連業、特殊法人、広告代理業、小売業、医療法人、製造業、運送業、アパレルなど顧問先多数

就業規則作成セミナー講師
労務管理セミナー講師
セクシュアルハラスメント防止セミナー講師
助成金セミナーなどで講師
社会保険労務士向け実務講座、開業講座講師、他

ごあいさつ

大学卒業後、出版社に十数年勤務し、雑誌書籍編集を通じて

多岐にわたる業種、経営者の方々への取材を通じて、

実に多くのことを学ばせてもらったことが、私の財産となっています。

第一子を出産後は、出版社につきものの深夜労働が困難になり退職を決意。

子どもの成長に合わせて、成長できる仕事として、社労士を志す。 

 

私が特に、力を注ぎたい分野

自営業の家庭で育ち、 中小企業の実態を生活の中で、肌で感じてきました。 私が勤務していた会社もそうですが、 日本のほとんどの会社は中小企業です。


中小企業の中には、労務関係に専任の人材を置くことができないという 会社も少なくありません。

「知らなかった」ことが原因で トラブルになってしまうことも多く見受けられます。


あるいは、創業まだ間もなく業務に専念する中で、 労務トラブルが起こってしまい、 社長が孤軍奮闘せざるを得ないというような状況もあります。

 

そんな中小企業の経営者の視点に立って、 外部の労務・人事部長として、あるいは、 労務・人事部長の良き相談相手として、 会社発展のお役に立ちたいというのが私の願いです。

 

 

あいさつ写真.png

 

常にお客様の目線で、お客様の会社とそこで働く従業員の幸せに貢献できるような社会保険労務士事務所を目指します。

▲このページのトップに戻る