育児休業給付金

雇用保険の被保険者が1歳に満たない子を養育するために育児休業を取得した場合、一定の要件を満たすと受けることができます。
また、保育所に入所を希望していたが、入所できなかったなどの理由により、育児休業を延長する場合、1歳6ヶ月に達する日の前日までまで育児休業給付の延長申請ができ、さらに同様の事情が続く場合は、最長子が2歳に達する日の前日まで延長できます。

(要 件)
育児休業開始日前2年間に、原則として賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12か月以上ある場合
(支給額)
最初の180日・・・休業開始時賃金日額の67%
それ以降・・・休業開始時賃金日額の50%
※男性の場合は、配偶者の出産当日より育児休業取得可能

▲このページのトップに戻る