UA-214758742-1

令和4年4月から年金手帳が廃止されます

年金手帳が4月から廃止されることになり、これに替わって「基礎年金番号通知書」が交付されることになりました。年金手帳再発行の場合も通知書に変更されます。

以前は、年金手帳に加入履歴を記録している方もいらっしゃいましたが、最近はそんな方も減っていました。年金事務所でも氏名変更の場合は手帳の訂正は、各自で行うよう指導するなど、あまり手帳である意味が見いだせなくなっていたこともあるのかと推察します。

電子政府が益々進化すると通知書もなくなり、番号だけが附番されマイナポータルで確認ということになるのでしょうか。

年金記録が消えてしまうより、番号で一元管理され、いつでも加入の状況を確認できる方が安心です。それでも今お手元にある年金手帳は、大切に保管しておいた方が良さそうです。

▲このページのトップに戻る