[雇用保険]同意書による署名等の省略

 雇用保険関係の手続きで煩雑な手続きのひとつに育児休業の給付金の手続きがある。これでまで、支給申請書、賃金証明書ともに被保険者の署名・押印が必要だったが、平成30年10月1日から、被保険者の同意書を作成し保存することにより、申請書への被保険者の署名・押印が省略できるようになった。育児休業給付の他、高年齢雇用継続給付、介護休業給付についても同様の扱いとなった。詳細はこちら

▲このページのトップに戻る