[国民健康保険]高額療養費多数回該当の扱い

高額療養費の多数該当措置として、過去12か月以内に高額療養費が支給されている月が3月以上ある世帯において、4か月目以降の負担額を軽減されています。

これまでは、異なる市区町村に転居した場合、通算されませんでしたけれど、平成30年4月からは、同一県内での市区町村間の移動の場合は、多数該当に係わる回数が、通算されることになりました。

 

▲このページのトップに戻る