【社会保険】厚生年金の養育期間特例

 3歳未満の子を養育する被保険者の標準報酬月額が、子の養育期間開始前の標準報酬月額を下回る場合は、被保険者の申出により、実際の標準報酬月額ではなく、従前の高い方の標準報酬月額をその月の標準報酬月額とみなして将来もらえる年金額が計算されます。(保険料は実際の低い方の標準報酬月額での負担になります)。

 尚、この特例措置は、厚生年金保険にのみ適用されますので、健康保険の給付である傷病手当金などは、実際の標準報酬月額に基づいて計算した額が支給されることになります。

▲このページのトップに戻る